珈琲を淹れよう、安全にな その5[完]

どうも、ゆるめのミニマリスト&へっぽこSEのアシアです。
今日の話は…

avatar

アシア

火傷を負って、ミルクパンを手放して安全に珈琲を淹れたい民の話。




茨城県笠間市に、行ったぞーーーー!
今回、埼玉在住の友人(シフト勤務)と奇跡的に連休が合いまして。
しかもドラゴンクエストウォークで笠間に行きたいと利害が一致。
車に乗せていってもらえることになりました!

というわけで向かったのは仲本律子さんの自宅展です!
ファンも多いのか、開始10時ピッタリに到着したら他のお客さんもいらっしゃいました。
そして、ポットが4種類!
色や形が全部違うので、ウロウロと悩みながらも購入に踏み切りました!

可愛いーーーーーー!

小振りながらも1㍑入る、ちょうど良いサイズ感。
土鍋と同じ素材なので、ある程度湯気が立ってきたら、火を止めても勝手にお湯が沸きます。
なんと空焚きしても割れないんだとか。
注ぎ口が意外と太いので、湯気がもうもうと立ち上って加湿効果もバッチリありそう。
なにより、水切れがとても良い!!
そして、お湯を沸かしても布巾いらずで持てる!
珈琲淹れるのがとても楽しくなりました。
これ自体がとても可愛いので、基本的にはキッチンに出しっぱなしにしようと思います。

そのうち、可愛い鍋敷きも購入しよう。
火傷を負ったのが真夏だった気がするので、かれこれ5ヶ月近く。
ようやく安全にお茶を淹れる環境が整いました!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)