月に1度は和菓子を食べたい民の記録@2020年10月

どうも、ゆるめのミニマリストで洋菓子よりは和菓子派のアシアです。

avatar

アシア

近所でようやく美味しい&上生菓子を扱う和菓子屋さんを見つけました!
折角なら季節を味わうために定期的に通いたい、けど行き過ぎも良くない。
ので、記録をつけることにしました。なんでも管理するのが好きー!
というわけで今回の和菓子!

いつものお店にいく前に

自由が丘に買い物に行ったんですが、蜂の家さんでも上生菓子を扱っているんですよね。
前を通って覗いてみたんですが、とてもキレイで陶器細工みたいなお菓子が鎮座してた!
ところが300円以上するんですよね~
個人的には素朴な感じの200円台が好き。
高くて好みじゃないとガッカリするから、なかなか手が出せない。
ので、今日は帰りがてらいつものお店へ。
とはいえ、1回くらいは蜂の家さんも試してみたいな。

栗づくし

というか、上生菓子の「中秋の月」が売り切れてた(涙)
とても素敵な装いだったから残念…。
でも売り切れてなかったら3つ買ってしまってたはずなので、結果オーライ。
栗。好き。

ケーキは1個でも死にますが、和菓子なら2個までいける。

栗蒸し羊羹

しっとり通り越してねっとりとした羊羹。
羊羹といえばとらやさんのイメージ(祖父が好きだった)。
あとは備蓄してる山崎製パンのミニ羊羹が身近。
なので、ねっとりした羊羹ってあまり食べたことない。
そこに最後に栗がホロホロと追いかけてくる、至福。

栗しぐれ

私の知ってる栗しぐれとは随分と違って、趣深い。
パッと見、ココアモンブランみたい。
そして見た目以上にホロホロとした餡の中には白餡。
蒸羊羹の栗もそうだけど、上に丸々1個のった栗の味は濃厚で美味しい~~~!

10月はもう1回行く(決意)

上生菓子を逃したのもあるけど、1ヶ月空けるの無理だわ(笑)
2週間くらいから「いつ食べたっけ?まだだっけ?」ってなるし、
3週間経つと「来週!来週行くから!我慢だ!」ってなりました。
3週間間隔までは自分を許してあげよう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)