高齢者じゃないけど免許返納してきました

どうも、ゆるめのミニマリスト&へっぽこSEのアシアです。
今日の話は…

avatar

アシア

バリバリ働き盛りの30代&超健康体ですが、免許返納しました!
って話です。

avatar

アシア


マイナンバーカード制度がまだなかった頃は、運転免許証が最強の身分証明書でしたが、原付き免許だけでも取得と更新で多く見積もって

合計67,200円

と、時間や労力がかかります。
もちろん運転する人には必需品ですけど、ただの身分証明書としてはコスパが悪いんですよね。

で、引越し手続きのついでにマイナンバーカードを作りました。

実費30円でね。

顔写真付き&住所が印字されている身分証明書を手に入れたのなら、無理に免許証を保有し続けるメリットがありません。
というわけで返納してきました!

神奈川県の場合

有効期限内で、免停など受けておらず、持っているすべての免許を、神奈川県在住者が返納する場合には、休日の免許センターでも返納することができます。

日曜日の14:30~16:00の間のみ

ピンポイント過ぎるだろうがよ…。
まぁ、いいや。
幸い、免許センターがある横浜市旭区在住なので、テコテコ歩いて行ってきました。
1時間以内であれば充分徒歩圏内のおのぼりさんです!

入り口からすぐ受付端末が並んでいますが、右端1台が自主返納&国際免許申請受付端末機でした。
ボタンを2、3個押して、免許証を読み取ると申請書が印刷されて出てきます。
システマチック!!

神奈川県の免許センターと言えば、昔ながらの黒い床がやたらとツルツル滑る印象しかありませんが、向かいの土地に移転されてイメージも一新。
さながら最新の病院と空港をあわせた感じといいますか、全体的には真っ白だけど、案内板はやたらデカイ&カラフル!
というわけで出てきた紙の太枠内を記入します。

↑の免許証で隠した部分には免許証の表面が印刷されています。
記入したら免許自主返納窓口へ。
これがちょっと分かりづらかった(大体は更新手続きの流れで動いているので)。
が、内側が黄緑色に染められた受付の一角が自主返納窓口でした。
あと、絶えず職員さんが迷っている人に声をかけてくださってました。
すぐ隣の国際免許申請窓口が混んでいるので、すごく近寄りがたい印象を受けますが、よく見ると全然並んでない。
免許証とともに窓口に出して、運転ができなくなることの確認や、運転経歴証明書申請の有無など再確認されつつ、そして言われます。

「お名前をお呼びするのでおかけになってお待ち下さい」

え?提出して終わりじゃないの???

受付の目の前が待合ベンチになっているので待ちます。
待ちます。
結構待つ。
意外と待つ。

30分待った。

近くにいた私の前に受付済ましたご高齢の方々も共々、
「え?まだ待つの?」
って空気だったぞ。
ある方なんて国際免許申請の呼び出しに出向いて行ったし、ある方なんて我慢できないとばかりにお手洗いに消えていったりしたけど、30分で呼び出され、取消通知書なるものをいただきました。
「運転経歴証明書は申請しないということで、本日の手続きは以上です。この紙は大切に保管してください」というお言葉とともに終了です。
え、運転経歴証明書も申請してたらもっと時間がかかってたの??

保管する気が失せる書類である。
まぁ、言われたからには保管しますけども…。
5年までは運転経歴証明書を申請できるのでその関係かな?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)