美容液の断捨離でズッコケた

お風呂上がりの基礎化粧は、化粧水+美容液+オールインワンゲルです。
化粧水とオールインワンゲルは旭グループの素肌しずくシリーズ。
ぶっちゃけ、成分はほぼ変わりありません。

じゃあ、なぜ1本化していないかというと…テクスチャの問題です。
ゲルにすると夏重すぎて、水にすると冬軽すぎる。
というわけで、基本はゲルなんだけどテクスチャの調整役として化粧水を使っていました。
シンプル成分なので、そこにビタミンCを追加するため、メラノCCの美容液。2本目。

この2本目がそろそろ使い終わりそうってところで、ふと、考えた。
化粧水をビタミンC成分がしっかりしたものにすれば、化粧水と美容液を合併できるのではないかって。
というわけで、候補はこれしかなかった。
ドクターシーラボ VC100エッセンスローションEX

というのも、私の基礎化粧品での最低条件、ポンプ式であること。
これを死守しながらビタミンがしっかり配合されているものがこれしかなかった。
ものぐさなので、キャップの開け締め、面倒くさい。
ただ、ポンプ式にしようとすると、285mL以上で8,000円以上します。
気軽に手が出せない…。
というわけでお試しにトライアルセットを購入しました。

顔面を左右にわけて、実験してみました。
特に荒れもなくて、ぶっちゃけ違いらしいものなく…。
とすると、髙いよねー
いくらなんでも1年分の化粧水と美容液で2,000円台だったのが、285ml(2/3年分?)で8,580円ですよ。

というわけで、同じメラノCCシリーズの化粧水ボトルをポンプ化することにしてみました!
高さがどうかと思ったけど、ドラッグストアや無印良品さんで測るのも憚られた。
ので、一発勝負だよ!
買ってきたのは、PET詰替ボトル・クリア 400mlです。

嫌な予感がする

あかん。2cm足りない!

無印さんのボトルに詰め替えると、今度は背が低くなるんですよね。
っていうか、化粧水、白いんですね。
洗面台で使う高さを考えると、メラノCCさんのボトルが良いんだよな~

とはいえ、ポンプの口のサイズはピッタリ合いました!
合いましたけど、きつく締めようとするとすぐに空回って緩んでしまいます。
ちなみに無印さんの化粧水よりはひと回り大きいサイズになるので注意が必要です。
ただ、メラノCCの蓋は無印さんのポンプにはつけられません。
無印さんのポンプを600mlにすると、今度は3cmほど余りそうではあるんだよな~
まぁ、それは切断すればいいか。
後日買ってきます…。
とりあえず光明は見えた、ので良しとするよ!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)