勤め先の企業型確定拠出年金について考えてみる

はよ企業型と個人型の併用可が実現して欲しいわ。
最近お金の勉強を続けてて、それで見ると、私の勤め先の企業型確定拠出年金のへっぽこさと言ったら!!
第●生●さんなんですが、

  • 15ある投資信託のうち、2ファンド覗いてすべて1つの企業が独占
  • 信託報酬1.8%&信託財産留保額0.3%なんておっっそろしいファンドまである
  • 信託報酬0.5%以下&信託財産留保額0%は1シリーズ(3ファンド)しかない
  • 元本保証型の利息は良くて0.05%

めっちゃ恐ろしいな??
確定拠出年金は60歳まで引き出せない = 長期に積み立てる投資向きってことなんですが、これに向いているのが1シリーズしかないって…。
よくわからないまま1x年やってますが、利回り3%いってたのが奇跡なんじゃない??
というわけで、

  • 手数料の高いファンドをすべて一旦元本保証に移動
  • 今後の運用先を多少マシなファンド2つに絞る
  • 元本保証に移した資金を毎日4,000円ずつマシなファンドにスイッチング

してます(’19/11月現在は株価高騰してるので様子見中)。
一旦元本保証に移動した時点で、約10万円ほどの利益は確保できました。
つみたてNISA口座の移行では2,000円ほど含み損を出してしまったので嬉しい。
とはいえ、まだまだ投資をやめるには早すぎるので、マシなファンドに移行しながら、50代後半までは様子見ですかね。
というわけで、利回り分布としては今ここー!

やっぱり元本保証でリターンを期待してないって人が多いのかなぁ。
具体的にどのファンドを選んでいるかは、下記記事で紹介しています。

2件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)