珈琲を淹れよう、安全にな その2

前回から続き。

直火OKのグラタン皿も使うようになって思った。
たいへん、収まりが良い。

ミニフライパンとグラタン皿でちょうどピッタリサイズ

ところで火傷を負ったのが7月下旬。
反省してミルクパンを探して諦め、ポット探しに以降したのが8月下旬。
もう10月下旬じゃないか。
まだ、手に入れられて、ません。
今も、ミルクパンで珈琲をいれています。
さすがに恐々と気をつけていますが。

恵比寿に長谷園さんの直営店舗があったので、行ってきました。

目当ては行平鍋と、とある商品。
行平鍋なんだけど、注ぎ口がついているので、マルチに使えるかなって。
ミルクパンとしては大きめ、行平鍋としては高さが低めで小振りってサイズ感。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

長谷園 行平 シロ NCK-80
価格:6600円(税込、送料別) (2020/10/25時点)


もうひとつのとある商品は、店員さんがこぼれると太鼓判を押していて、駄目じゃん!ってなったので割愛。
小振りのポットとだけ…。
そのかわり、直火土瓶が候補から漏れていたことを知れました!
ちょっと大きいかな?でもお客さんが来たらちょうど良いかな?なサイズ感。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

長谷園 直火土瓶 黒釉 NCT-61 送料無料
価格:13200円(税込、送料無料) (2020/10/25時点)


蓋がちょっとズレやすいことが気になりはする。
話変わって、長谷園さんは薬味入れが可愛いすぎるよね~


さてさて、まだまだ旅は続きます。
探して、悩んでいるときが、一番楽しいよね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)