ミニマリストでもスキンケアを見直したい@2021年 拭き取り化粧水断捨離編③

これの続き!


半顔ずつ、拭き取り化粧水と普通の化粧水でコットンで押さえる生活を試して、2週間ほど経過しました。
そして……左右に違いは、ありませんでしたぁ!
洗浄剤もタンパク質分解酵素も配合されている化粧水だったというオチィ!

ここ数年ずっと使っていた拭き取り化粧水は美人ぬかさんのものですが、こちらは
サッパリした使い心地を出すためのアルコール、
角層柔軟のためのベタイン、
クレンジング剤としてのヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、
その他保湿系も配合されているみたいです。
若くてオイリー肌でサッパリしたい!という人には良いのかもしれないけれど、30代も後半な私はステイフリーさんの方が良いのかもなー
美人ぬかはまだ半分残っているし、トラブルもないので、とりあえず使い切りはする。

使い切ると、奥から2番目のボトルがなくなる予定!

とすると、ビタミンC誘導体も配合されていて、メラノCC美容液とちょっと被るなぁ。
あと、容器が細すぎて、自立するっちゃするけど、倒れやすいんだよね。
ビタミン特化型よりちふれさんの美白美容液にでもしてみようかな。

あと、朝に保湿ゲルだと重いので、ニベアサンのトロみの少ない日焼け止めを使うようになりました。
が、あまり増やしたくないので、保湿+日焼け止め+下地は1本にまとめたいなぁ。
なめらか本舗の薬用美白スキンケアUV下地とか、医薬部外品で良いかもしれない。

日焼け止めにクレンジングのサンプルがついていましたが、キレイにするんと落ちてよかった。
オイルは垂れるから苦手だけど、肌を擦らないという点は良い。
友利新先生のクレンジング方法がとても参考になりました。
とはいえ、サンタマルシェの大容量で医薬部外品という点も捨てがたいよね…。

うーーーん、しばらくしたら今度は美容液を半顔で試してみようかなぁ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)