最近購入して良かったモノ

4月にPC買い替え今年はもう家電の買い替えはもうしないと決めたにも関わらず、悩んでポチった結果大成功だったもの。

ネックバンドスピーカー ワイヤレス Bluetoothイヤホン2 in 1 ウェアラブル/10時間連続使用/Bluetooth4.1搭載/伸縮式ケーブル 音楽/通話/テレビなど適用 HI-FI 3Dステレオ マイク内蔵 首かけスピーカー (チタンブラック)

実は、仕事で補聴器の調整に関わったことがあるんです。 そこで簡易的ですが聴力を測った結果、男性の声の周波数帯域の聴力が少し悪いっぽい。
そのせいか、以前使っていたMacのスピーカーも、PCを買い替えてモニタ内蔵のスピーカーを使うようになっても、微妙に動画によっては言葉が聞き取りづらかった。
でもスピーカーを購入すると、スピーカーを置くスペースも必要。
電源も必要。
ケーブルごちゃごちゃする。
スピーカーが必要なのは毎回じゃないのに…。
ということで、2ヶ月ほど悩んだ結果、それでも欲しいと思った&15%OFFを利用して買っちゃいました。

今のところメリットづくしだよ。

ケーブルの絡みを気にしなくて良い

駅や電車内で度々起こっていた、ケーブルがどこかor誰かに引っかかってしまう問題を気にしなくて良い。
また、取り出すときに絡みを解く必要がない。

収納が簡単

通勤時には職場に近づいたら、イヤホンを外してケーブルをクルクルとまとめて収納していました。
が、これはイヤホンを引っ張れば本体に収納されるので、スライドスイッチで電源を切り(スマホの音源は自動的に停止)、首から外してカバンに放り込むだけ。
体積は増加しましたが、収納の手間は減りました。

落っこちない

出社前にコンビニで朝ごはん&珈琲を購入するのが日課です。
が、前述通り、職場に近づいたら外してケーブルをまとめて収納していました。
あまりイヤホンしたままレジを通るのは、自分にも店員さんのためにも好きじゃない。
でもこれならイヤホンを外して放っておいても首からぶら下がってくれているので楽ちん。

スマホをいじらなくて良い

音源を再生してしまえば、あとはスマホを取り出す必要がありません。
本体で音量調節、曲変更、停止(電源OFF)が全て首元で済ませられます。

家中で聞ける

狭い1Kとはいえ、音量&聴力の事情があるので、家中で動画や音楽を聞くことはできなかった。
けれどPCとペアリングすることで家中で「聞こえない」という事態がなくなります。
これは週末の効果がでかい。
掃除や炊飯、常備菜つくりでキッチンに1時間ほど作業することがザラなので、その間も音楽や動画を聞けるのは思った以上に快適です。
特に最近は解説や講義系動画をよく見ていて、これは音声だけ聞いても問題ないので料理しながら講義を聞けるのはとても効率的。
また平日の朝は、目覚ましついでにNHKラジオをつけているのですが、トイレに立っているうちに天気予報が終わっていたり、なんて事態も防げるのが良い。
朝目が覚めたらまずはペアリング
→首元からラジオを聞く
→出発時にスライドスイッチでイヤホンモードにする(ラジオに飽きたらスマホで音楽に切り替える)
というルーチンになっています。

音質が不快じゃない

イヤホンで聞いたら、今まで使っていたイヤホン(安め)と同等かそれ以上に好みな音質でした。
スピーカーモードのときはちょっと音割れしますが、スピーカー=家の中で解説動画を見てるがほとんどなので、音質なんて関係ないシチュエーションで無問題。

状態を教えてくれる

レビューでは「女性の声を消したい」というものもありましたが、私はある方が嬉しい。
というのも、きちんと接続されているかわからないのに音楽を再生するのは出先だとストレス。
一度首から外してランプを見るのは手間ですし。
英語ですが今の状態を音声で教えてくれるので、むしろ親切だなぁと思っています。

デメリットは

  • 有線イヤホンに比べればかさばる
  • 充電する手間が増える
  • イヤホンを収納するのにケーブルを引っ張る必要があるが、その割には細くて頼りない気がする
  • 充電規格がMicro USB Type-B(Type-Cじゃない)

くらいです。
耐久年数次第ですが、これが定価でも5,000円以下なら、購入する価値の方が高い気がする。

2件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)