MM6のジャパニーズトートバッグが可愛いので

どうも、ゆるめのミニマリスト&へっぽこSEのアシアです。
今日の話は…

avatar

アシア

見た瞬間、思った。

ジャパニ……? え、あずま袋やん……?

数万円するんだ、このあずま袋!

あずま袋なら作れば良いんじゃないの?


そんなわけで、オシャレがちょっとよくわからない系民族なので、作ります。
家にしこたま手拭いがあるけど、どんな服にも合わせやすいよう黒の無地で、大きめのこちらをポチりかけた。

ただ、手拭いって、毛羽立ちだったり、ホコリだったりが目立つんだよね。
なかなかポチる決断ができなかったので、思い切ってフェイクレザーにしました。
137cm×50cmと手拭いを2まわりほど大きくしたサイズ感。
ちょうどMM6のトートバッグくらいのサイズになりそうですね。

そもそもミニマリストがなぜ鞄を増やすのか

オシャレもよくわかってない上に、ミニマリストじゃん!
すでに6つもあるじゃん!

③は防災バッグ。
④は仕事用。
つまり、休日は①か②を持って、買い出しするなら⑤か⑥を追加で持つって感じです。

⑥は手作りのお気に入りなんですが、柄モノなので、①を持つと目にうるさい。
②は容量が小さいので、常に出しっぱなしにしないといけない。
が、キレイめコーデにはちょっと合わず、⑤だと大き過ぎる。
しかもガチ買出しに耐えられるように手拭い4枚でできているんです。
これにハンカチ代わりの手拭いを持ったら、手拭い5枚を持ち歩く女ですよ。なんだそれ。

つまり、容量も耐久性もそこそこの手頃なサブバッグが欲しい、というニーズ。
別にビニール袋や紙袋でも良いんだけど。
ビニール袋は生活感丸出しだし、紙袋は雨だと心許ないしね。
オシャレがよくわからんクセに、妙なところは気にしてしまう。

以前、ランチバッグを作ったけど、あれだと小さい。
まさにランチバッグ。
これはこれで④にいれて、会社でめっちゃ使ってる。

そんなわけで、今回はオフ用です。
①と②のどちらを持っても合わせやすく、ちょっとした荷物を持てるサブバッグとして、あずま袋を作ります。
いや、ジャパニーズトートバッグを!
つづく!

呼び方って大事なんだろうね。


ミニマリストだけど、完全に定番化するのはつまらない。
でもバリエーションを豊富にするほどのモチベーションも興味もない。
理想は「今そのときのお気に入りで、1週間分のワードローブを作り変えていく」です。
そんなワードローブに興味がある方は こちらのカテゴリ を覗いてみてください。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)