ふるさと納税の敷布団がちょっぱやでやってきた


確かに覚悟はしていたけどさ、メールに「1~2ヶ月程度のお時間をいただいております」って書いてあったやん。
まさか5日で届くと思わないじゃん。
佐川さんがインターホンに写ったとき、「荷台でかいな…他の部屋の方の荷物かな?」って思ったんだよ。
玄関に現れたとき、「敷布団なサイズ感だな…」って思ったんだよ。
案の定「大きいですが、どちらに置きますか?」って聞かれたよ。

玄関の2/3を占領してきた。
在宅勤務中だったので、昼休みまで待って開封していきました。
24時間ゴミ捨てOKな物件なので、ダンボールはちょっぱやで捨てに行った。

めっちゃフッカフカじゃないですか。

え?
厚み4cmって書いてあったよね?

カバーを開けてみる。

なるほど、フッカフカの面がかなり厚い。
そこに4cmのブレスエアー。
さらにメッシュ地もしっかりした生地、で挟まれているからこんなに厚いのか。

ふるさと納税のページには『ブレスエアー(R)敷き布団』としか書いていなかったけど、おそらく『ブレスエアーネオ』用のカバーと思われる。


シーツだけで1万円するんだが???

しかも、どちらの面を使っても良いらしい。
試しに1枚はメッシュ地を床側に敷いて、上からメッシュ地を上側に重ねて寝てみました。
超、爆睡。
ブレスエアー特有のバネ音も気にならないレベル。
2枚重ねればベッドマットレス並の厚み。
生地がしっかりしているので、ヘタリが気になってきたらシーツだけ買い替えてみれば長く使えそう。

さて、じゃあ古い方を手放しましょう。
旧ブレスエアーは3つ折りタイプなので、解体していきます。
ついでに除湿シートも手放してみる。

ロール状にした方は粗大ゴミに出すとして、ブレスエアーは燃えるゴミでいけるかなぁ?
繊維1本1本はキッチンハサミで充分切れます。
が、横着して、とりあえずマンション内のゴミ置き場に出してみよう。
粗大ごみって張り紙されたら頑張って裁断します。

それにしても、旧ブレスエアーはシンプルなカバーがついただけで1.3万円。
今回はそこにしっかりしたカバー(推定1万円)がついてる。
ふるさと納税だから、2枚もらっても、実質2,000円…。

最高か。

敷布団はずっとコレで良いじゃん…。


返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)