予算委員会報告会@2017年度

昨年分はこちら。

新年度迎えて、春!
今年もスマホの家計簿アプリでデータをCSVで出力して、項目ごとに集計してグラフ化&平均額算出したぞー!
無理や我慢を伴う節約は嫌いなんですが、無駄を省いたり、ただただ管理するのがむっちゃ好き。
誰に向かって言うわけでもないが、来年の自分宛てに書いておくぞー!
右端の”世の平均”っていうのは、昨年と同じく総務省統計局が出してる2015年の単身世帯うち勤労者世帯 女性(~34歳)の家計調査結果から、該当してる項目を抜き出しています。

外食費と趣味・娯楽費が逆転してるのは、前年度は「外で食べる」を外食費にしがちだったけど、今年度は友人と遊んだ延長の外食を趣味・娯楽費に計上するようになったからで、トータルすると大して変わっていないです。
でも月平均7,000円ほど、年間にすると約8.2万程増えてるので、前年度と大きく違う部分を見返してみました。

医療費がアホみたいに跳ね上がっていますが、これは前年度内ではコンタクトを8ヶ月分しか購入しなかったのと、今年度に医療脱毛8万円を契約した分っぽい。

あと、ふるさと納税をやってないのにその他が増えているのは、賃貸の2年更新で9万近く吹っ飛んだからでした。

アンケートモニタやポイントサイトの収入は約6.2万円程で、前年度より1.8万円分Amazonコードにできなかった分、雑費がかさむ…かと思ったけど、むしろ落ちてるのなんでだろう…購入場所やアイテムを見直しまくったおかげかな?
まぁアンケート収入はもともと隙間時間を使うものだからしゃーない。

などなどありましたが、脱毛8万+賃貸更新9万+出雲旅行代がかかったのに年間で前年度+8.2万円で済んだのは良い成績なのかもしれない。
春に資格をとってお給料もアップしたのもあって、年間貯金額は前年度から+25.8万でした。
2018年度は賃貸更新も旅行予定もないし、月20万以下におさえられたら良いな。
スマホ買い替えがあるから難しいかもしれんが、一応昇進もしたのでまたお給料もアップしてほしぃ…
せめて資格手当が消えたときにショックを受けないくらいに。

あ、4月から積み立てNISAを始めました。
ただこれは収支と言うには管理しにくいので家計簿には計上しないつもり。

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)