2017年7月の読書メーター

読んだ本の数:1
読んだページ数:187
ナイス数:32

攻殻機動隊小説アンソロジー攻殻機動隊小説アンソロジー感想
集められた作家さん達が豪華で、世界観がキッチリ守られた作品集でした。その分ちょっと情景を想像しにくかったりもするし、アニメで表現した方がいいのではと思う作品も。カフカ先生の「Soft and White」は文章ならでは面白さ、三雲先生の「Heterochromia」や秋田先生の「自問自答」はまさに攻殻って感じでTVアニメの1話になりそう。ここに士郎正宗先生とまでは贅沢言わないけど、この本の音頭を取った方のあとがきがあれば嬉しかったかな。
読了日:07月17日 著者:円城 塔,三雲 岳斗,朝霧 カフカ,秋田 禎信,冲方 丁

読書メーター

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)