2012年7月の読書メーター

読んだ本の数:10冊
読んだページ数:3379ページ
ナイス数:30ナイス

RDG3 レッドデータガール  夏休みの過ごしかた (角川文庫)RDG3 レッドデータガール 夏休みの過ごしかた (角川文庫)
本編のごちゃごちゃした謎や伏線をいったん置いといて、宗田姉弟の話。とはいえ、しっかり主人公は泉水子な気がします。1巻から比べると、少しずつ変わってきている泉水子と取り巻く身内が面白いです。でもこのペースでちゃんと終わるのかな??
読了日:07月31日 著者:荻原 規子
英雄の書(下) (新潮文庫)英雄の書(下) (新潮文庫)
最初は「お兄さんはきっとどこかにいる」みたいな話だった気がするんですが、何故か無駄な寄り道一切なく最短コースでしたね…。おかげでソラの正体やら色々と察しがついてしまいました。割とラストまで説明だらけで、物語としてはあまり感動やハラハラするポイントもない感じ。ただユーリの旅が終わってからのラストは結構好きです。むしろその後の方が読みたいかも。
読了日:07月25日 著者:宮部 みゆき
サムスン式 仕事の流儀 5年で一流社員になるサムスン式 仕事の流儀 5年で一流社員になる
韓国の話であるはずなのに、読めば読むほど一昔前の日本みたいだとゲンナリしてきました。言っていることは正しいかもしれない。確かに、そのやり方だったら成功するかもしれない。その裏で仕事以外の大切なものを失っている気がしてしょうがない。もっと仕事に対して前向きになったときに読み返そう。今読んでも「じゃあ私は一生平社員でいいわ」って思うだけだった。
読了日:07月23日 著者:ムン・ヒョンジン
英雄の書(上) (新潮文庫)英雄の書(上) (新潮文庫)
ブレイブストーリーが面白かったので、買ってみました。 出だしから重い展開ですが、小学生の女の子の視点から描かれていて、王道ファンタジー路線へ向かってます。ユーリが自分に酔っているところは若干感じ悪い気もしますが、全体的にファンタジー要素がたくさん盛り込まれていて面白いです。んー、でもブレイブストーリーの方が好きかな。
読了日:07月22日 著者:宮部 みゆき
RDG2 レッドデータガール  はじめてのお化粧 (角川文庫)RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 (角川文庫)
1巻とは舞台が変わってまた新鮮。うじうじしていた泉水子も、少しずつ変わってきているので、今後の展開が楽しみです。
読了日:07月17日 著者:荻原 規子
RDGレッドデータガール  はじめてのお使い (角川文庫)RDGレッドデータガール はじめてのお使い (角川文庫)
この人の人物描写は年齢よりもちょっと大人っぽいなぁと思いつつ、そこがまたいいところ。泉水子がうわー鬱陶しいとちょっとイライラしつつ、少しずつ前進したり後退したりといじらしいです。取り巻く環境は凄い方向に行きつつ、次回に続いてしまった。
読了日:07月13日 著者:荻原 規子
樹上のゆりかご (中公文庫)樹上のゆりかご (中公文庫)
高校生とは思えないくらい年寄りくさい、もとい大人っぽいなぁ。人間関係が簡単なようで複雑にからんで、ラストはそこで終わっちゃうのかー!という感じ。恋や友情、その他色んな感情が混ざりあって、読んでて息を飲みます。
読了日:07月12日 著者:荻原 規子
雪蟷螂 (電撃文庫)雪蟷螂 (電撃文庫)
登場人物が少ないので、色々と展開やオチは読めてしまいますが、それでもこの世界観は好きでした。女性が強いなー
読了日:07月08日 著者:紅玉 いづき
MAMA (電撃文庫)MAMA (電撃文庫)
ミミズクの方が好きかなぁ。でも世界観は好きです。馴染みのある芳一の話に、魔術などのファンタジー要素、そして落ちこぼれから母親になるまでの成長などなど、色んな要素が綺麗にまとまってるなあと思います。この人の作品の人物達は皆素敵だなぁ。
読了日:07月04日 著者:紅玉 いづき
Android 1.5プログラミングバイブルAndroid 1.5プログラミングバイブル
Android1.5と古い(今は4.1が出たとこ)ですが、いろんな要素がまんべんなく解説されているので、Android入門本としてはベストかな。
読了日:07月03日 著者:布留川 英一

2012年7月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)