2011年11月の読書メーター

読んだ本の数:6冊
読んだページ数:2053ページ
ナイス数:38ナイス

心霊探偵八雲3  闇の先にある光 (角川文庫)心霊探偵八雲3 闇の先にある光 (角川文庫)
2巻よりも展開が読めずに楽しめました。ぶっちゃけ漫画やラノベじゃあるまいし、あんなに石井を転ばせる意味がよくわかりませんでしたが(苦笑)、晴香の出番が少ないなりに八雲とのやりとりがトラブル関係なく読めたし、後藤さんの奥さんに対する想いが読めたり、楽しめるポイントは多かったです。
読了日:11月30日 著者:神永 学
心霊探偵八雲2  魂をつなぐもの (角川文庫)心霊探偵八雲2 魂をつなぐもの (角川文庫)
前作は短篇が集まって1本になってましたが、今回は長編。これくらいでちょうどいい感じ。八雲&晴香コンビは相変わらず面白いけど、後藤と石井もいいキャラ出てます。今後の展開が楽しみな要素もあり!ただ、話を積み重ねる度に、前作の美樹が嫌なヤツになっていくような…
読了日:11月25日 著者:神永 学
心霊探偵八雲〈1〉赤い瞳は知っている (角川文庫)心霊探偵八雲〈1〉赤い瞳は知っている (角川文庫)
幽霊や怪談の話はあまり好きじゃなかったんだけど、さっくり読める上に面白かったです!こんなに登場人物が魅力的なホラー(でいいのか?)は初めて読みました。八雲があくびをする度に「何を考えているんだろう」って考えちゃいました。
読了日:11月22日 著者:神永 学
植物図鑑植物図鑑
最初は「出会いは変わってるけど雑草料理紹介小説?」などと思っていたのですが、ハンカチ事件あたりから急激に楽しくなってきて後半一気読みしました。有川さんの本はどれも甘いけど、こういう一緒にいないけど甘いっていうのもいいなぁ!
読了日:11月18日 著者:有川 浩
キケンキケン
本編はとても軽く、いかにも大学生って感じで微笑ましいです。でも最後はじんときました。黒板すごく良かった!文庫になるのを待てずハードカバーで買ってしまったけど、その分黒板を見た時の感動も大きかったです。
読了日:11月08日 著者:有川 浩
ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)ハーモニー (ハヤカワSFシリーズ Jコレクション)
面白かったけど、文章はいまいち好みじゃなかったので、ちょっとだらけ気味に読んでしまいました。自分達にとって当然だった物の話が結構出てくるけど、大して話が膨らむわけでもなく……映像で見たほうが面白かったかも。
読了日:11月03日 著者:伊藤 計劃

2011年11月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)