顔面で保湿剤使い分けてみた -化粧水の有無編-

メンタリストDaigoさんが日焼け止めと保湿剤があればOKって言ってたので、前回、顔面の左右でこの2商品使い分けてみたって記事を書きました。


使う製品の数を制限する。 特にアンチエイジング製品は、何種類も使うと皮膚に刺激を与え、老化の兆候を目立たせる傾向がある。

経済的なスキンケア7の助言を公表【米国皮膚科学会】

結果、左右で変化ないから、

  • (朝のみ)美人ぬかの純米角質柔軟水
  • (なくなり次第終了)ナチュリエのハトムギ化粧水
  • (夜のみ)ロート製薬のメラノCC美容液
  • 素肌しずく保湿ゲル

だけで落ち着きそうですってオチだったわけです。

じゃあ、折角だから、なくなり次第リピートしないつもりのハトムギ化粧水を、実際に使った場合と使わない場合で比較してみました。

手順は簡単。

朝晩どっちも保湿ゲルの前に、ハトムギ化粧水を左顔面にだけスプレーで散布してハンドプレス。
化粧水がついた手を使わないように注意しながら、保湿ゲルを右顔面→左顔面の順に塗る。
これだけ。

結果!

2週間試した結果、肌質に違いはなく!
というか、肌がツッパル分保湿ゲルを多めにつける→左にも同じ量つけなきゃ、でたっぷり使って左右どっちも調子が良い気がするよ!

とはいえ

つけてる最中だったら、違和感はやっぱりあります(笑)
云十年つける習慣だったわけだし、手っ取り早くツッパリ感をなんとかするという効果はある。
まぁ、でも慣れなのかなー
安いからあってもいいけど、ミニマリストとしてはやっぱり手放す方向で使い切っていきたいです。
ということで、

結論

化粧水はなくても良い。
あと保湿ゲルが良い。鼻の毛穴がこころなしか小さくなった。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)