2019年2月の読書メーター

読んだ本の数:2
読んだページ数:496
ナイス数:32

脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術感想
わかりやすい。本当に大事なことは数点しかないけど、それがテレビの中や、生き方や、働き方の中に点在しているよって話で1冊になっているけど、よく読むと1章だけで必要なことは全部書いてあった。でもねー、夜の残業はスルーするのに出勤時間早めようとすると届けが云々言ってきたり、結局時間外が増える=給料が増える世の中でこれをすべて実践するのは損になることもあるのが難しいところ。時間術の敵は右ならえばかりする職場の雰囲気。そういう意味では「私は●曜日は残業しない」って宣言するのは良いと思う。
読了日:02月06日 著者:樺沢 紫苑
料理が苦痛だ料理が苦痛だ感想
料理を仕事にしている方による、料理の何が苦痛なのか、料理のやめ方、料理の戻り方からレシピまで全て揃っている本。「料理」って簡単に言うけど、冷蔵庫の中身の管理&食材の賞味期限を踏まえて献立を考える&買出し&生ゴミとプラごみ分別&時間調整しつつの調理&最悪洗い物も全部ひっくるめての「料理」なんだよ、そりゃあ面倒でしょ。でもそれは料理し続けないとわからない。シュフだけじゃなくて、料理してもらっている人も読んで、料理をやめることに協力してあげて欲しい。ともあれ、この方の料理教室、楽しそう!
読了日:02月07日 著者:本多 理恵子

読書メーター

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)