2017年3月の読書メーター

読んだ本の数:5
読んだページ数:1209
ナイス数:41

スレイヤーズすまっしゅ。 2  アカデミー・フェスタ (富士見ファンタジア文庫)スレイヤーズすまっしゅ。 2 アカデミー・フェスタ (富士見ファンタジア文庫)感想
珍しく学園物きましたね。軍曹が暴れだすって、同じ富士見ファンタジア文庫のあの軍曹さんを意識してるか?と思わず邪推(笑)ネタ自体は使い古された感じはあるけど、スレイヤーズらしく取り入れてるなぁという感じ。でも目新しさはちょっとないかな…。
読了日:03月03日 著者:神坂 一
配達あかずきん―成風堂書店事件メモ (創元推理文庫)配達あかずきん―成風堂書店事件メモ (創元推理文庫)感想
面白かった!あっさり過ぎず、重過ぎず、本屋さんならではの題材がこんなに詰められていることに驚きます。それにしても店員さんとお客さんがこんなに仲良く会話することがあるのか〜と羨ましくもなる素敵な1冊でした。
読了日:03月11日 著者:大崎 梢
キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)キノの旅XX the Beautiful World (電撃文庫)感想
あとがき、短!今回はエピローグ&プロローグが好きです。フルフェイスなんて被ってるからおかしいと思ったらそういうことか~!あと羊がめっちゃこわい。仲の悪い国はキノの旅の1巻を思い出すテイスト。師匠とフォトは相変わらず。拘らない国は表紙絵がずるい!
読了日:03月13日 著者:時雨沢 恵一
命の意味 命のしるし (世の中への扉)命の意味 命のしるし (世の中への扉)感想
残念ながらNHKのドキュメンタリー番組は見れなかったけど、「なにかをきっかけに現状を知ってもらえば」と書いてあった通り、この本もそのきっかけの1つとしては十分な効果を出しそう、そういう意味では佐藤先生のために書かれたのかなぁと配慮が見える本でした。それでいて上橋先生の世界観にも触れられるオトクな1冊でした。でも字が大きくて読みやすいので、パパっと読めちゃいます。図書館で借りたからいいけど、お金出すってなるとちょっとなぁ…。
読了日:03月17日 著者:上橋 菜穂子,齊藤 慶輔
晩夏に捧ぐ (成風堂書店事件メモ(出張編)) (創元推理文庫)晩夏に捧ぐ (成風堂書店事件メモ(出張編)) (創元推理文庫)感想
出だしはまさに短編の1本という感じで小気味いいです。残りは最後まで1つの事件を丁寧に描いていますし、間に入る他絵ちゃんの不器用振りや杏子さんとの出会い話は面白いですが、若干間延び感もありました。リズミカルな短編の方が好きかな~
読了日:03月30日 著者:大崎 梢

読書メーター

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)