2016年6月の読書メーター

読んだ本の数:3冊
読んだページ数:1090ページ
ナイス数:10ナイス

樹上のゆりかご (中公文庫)樹上のゆりかご (中公文庫)感想
再読。初見の時は高校生とは思えないくらい年寄りくさいと思ったけど、改めて読むと異能がないROD?普通の高校生、ここまでみんながみんな優秀じゃないよ〜
読了日:6月10日 著者:荻原規子
エチュード春一番 第一曲 小犬のプレリュード (講談社タイガ)エチュード春一番 第一曲 小犬のプレリュード (講談社タイガ)感想
決してつまらなくはない。パピヨンがしゃべるけど、それがジジ臭い神様だったり、その神様が人間になるのを目指していたり、結構面白い要素はあるんだけど1冊読みきってみると…普通?そこまでいってそのオチかー…かなり最後の方までそんなオチだと思ったけど、あーやっぱりそこなのかー…とはいえ、続いていったら面白くはなりそう。
読了日:6月24日 著者:荻原規子
明日の子供たち明日の子供たち感想
再読。猪俣先生の話がもうヤバイ…アッコさんの話のオチにわかっていても涙ぐむ。どこかで都合がいい話だとわかっていても、最後の講演に涙ぐむ。何度も涙ぐむ。
読了日:6月29日 著者:有川浩

読書メーター

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)